屋久島 宿泊 ガイド ゲストハウス

お問い合わせ・TEL & FAX::0997-47-3650

屋久島への旅支度

屋久島への旅支度

屋久島の気候

屋久島の気候は山の中とふもととで大きく異なります。特に冬となると、ふもとはぽかぽか陽気の20℃ある日でも、山の中は氷点下で雪が降っていたりすることもあります。
大自然の魅力が沢山詰まった、屋久島での旅をより快適にするために、季節ごとの装備と服装を参考にして、山でのトレッキングに必要なものをしっかり準備してお越しください。

夏の装備と服装

◇ 夏(5月中旬〜9月中旬)…… 太陽が燦燦と照りつける、日差しの強い屋久島の夏です。

夏の山の装備と服装

夏の山の装備と服装

山の装備

夏の間は、日中半袖で十分な日が多いです。肌寒い時用に、一枚薄手の長袖を用意しておくと良いでしょう。また汗をよくかく時期ですので手拭いやタオルは忘れずに用意しましょう。雨から大切なデジカメやケータイを守るためのザックカバーもあると重宝します。

ふもとの服装の装備

●基本スタイル
 半袖、短パン、サンダル
●朝晩涼しくなる時期
 薄手の長袖、長ズボン
●必須アイテム
 日よけの帽子

春・秋の装備と服装

◇春・秋(4月〜5月、9月中旬〜11月)…… 朝晩はだいぶ涼しく、防寒着が必要な日も増えてきます。日中は日光が当たれば、ぽかぽかと暖かい陽気です。

春・秋の山の装備と服装

春・秋の山の装備と服装

山の装備

結構、肌寒い日が多いこの季節、雨以外でも防寒具として使えるよう、登山用のレインウェアを用意しましょう。ぐっと冷え込む日もあるので、フリース、ベスト、手袋などもあるといいでしょう。
早朝出発のツアーでは出発時はまだ薄暗く、ヘッドライトが必要な季節です。また、雨の日用にザックカバーがあると重宝します。

ふもとの服装の装備

●基本スタイル
 長袖、長ズボン
●防寒着
 フリース、ベスト
●おすすめアイテム
 ベスト

冬の装備と服装

◇ 冬(12月〜3月)…… 南国といえども山からの冷たい風が吹き下ろし、本州と変わらず寒い屋久島の冬です。

冬の山の装備と服装

冬の山の装備と服装

山の装備

冬は山の登りと下りで体感気温が大きく変わる時期ですので、こまめに体温調節を出来るような「重ね着」をしましょう。
また、冷たい風から身を守るニットキャップや手袋なども必須です。手袋は濡れても冷たさを感じにくいフリース製のものを二枚ほど(替え用)用意しておくと長時間の登山でも快適に過ごせます。
山は雪も降る時期(縄文杉付近では1メートルほど積もることもあります)ですので、安全のため、しっかりとした登山用レインウェア、防寒着(フリース製やダウンなど)、トレッキングシューズをご用意下さい。冷え防止にカイロもあると便利です。また積雪時には登山用スパッツがあると靴への雪の侵入を防いでくれます。

ふもとの服装の装備

●基本スタイル
 長袖、長ズボン
●防寒着
 フリース、ウィンドブレーカー
●おすすめアイテム
 ニット帽

レンタルについて

島内のレンタルショップ情報

店名 場所 電話番号
カミヤマレンタカー 安房 0997-49-7070
山岳太郎ショップ 安房 0997-49-7112
レンタルの山下 安房 0997-46-4255
森のきらめき 安房 0997-49-7101
島いとこ 宮之浦 0997-42-1680
ナカガワスポーツ 宮之浦 0997-42-0341
屋久島観光センター 宮之浦 0997-42-0091

島内の情報

気候
http://www.realwave-corp.com/02learn/05/index.htm

アクセス飛行機
http://www.realwave-corp.com/03access/01/index.htm


http://www.realwave-corp.com/03access/01/index.htm

<その他情報は屋久島の基本情報>
屋久島リアルウエーブ
http://www.realwave-corp.com/

このページのトップへ